◆子育て相談 ◆家族関係コンサルティング  自分らしい生き方探し・・・メンタルトレーニング、カウンセリング、インナーチャイルドセラピー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夫に、プチ復讐してませんか?

意地悪なことしたり、
あおって喧嘩を吹っ掛けたり。

家の中の実権を手に収めて
夫が居場所なさげにしている姿に
ちょっと優越感 感じていませんか?

仲良くしたくてすり寄ってくる夫を
冷たくあしらえると、
「女として勝った」気になっていませんか?

かぐや姫のように、
無理難題、吹っ掛けていませんか?←これ私(笑)
 
私はたまにありますよ。
「たまぁ!?頻回でしょ!」
と、オットに突っ込まれそうですが。
そして、そんな時
末っ子に「おとうさんにあやまれ~」と叱られます。 
  
プチ復讐が
脳の回路の中で当たり前になっちゃったんですね。
夫に対して、そんなふうにしかふるまえない。
 
夫婦の間で、暗黙のうちにキャラが確立されてしまい
容易に変えることができない。

そのままずるずると生活していく夫婦は多いんと思います。
  
すこし、呼吸をととのえて、目を閉じ
胸に手を当てて、問うてみましょう。
  
「本当は、夫とどうしたいの?」
  
胸の奥で、もう一人の私が言ってきます。
「素直になりなよ」


素直ってなぁに?

私が謝るの?
私が譲るの?
私の方から頭を下げるの?

そんなことしたら
私の負けになるじゃない!

私は何も悪くないのに!?

ちがうもう一人の私が出てきて
だだっこのように抵抗します。
  
「負けたくない」
  
この気持ちにたどり着いたら、ビンゴです。
これが、女性性の否定からくる感情です。

今まで、夫に抱いてきた怒り、軽蔑、プチ復讐の数々(笑)

それは、女性性の否定からくる
男性への敵対心だったんです。

家庭の中で「勝ち・負け」やってんの?
そりゃ、地球から戦争がなくならないよね、という話なんです。

負けたくない!私ばっかり!
そんな気持ちを、まずしっかり感じてみてください。

感じる、感じきる、というのは
「燃やす」ことに似ています。

不完全燃焼で燃えカスが残らないように、
灰になるまで、しっかり感じましょう。

  
「素直になりなよ」

そのプライド、すべてとっぱらって、
こころが必死に抵抗するのを、一時停止して

本当は
なんて言いたいですか?
なんて言われたいですか?

次に、それを感じてください。
 
言いたかった、
言われたかった

でも、怖かった。
拒絶されるのがこわかった。

拒絶されたらどうしよう・・・
されたわけでもないのに、勝手にそう思い込んで
先に百倍返ししていた・・・。

それをしっかり感じれたら、
目の前に夫の姿を思い浮かべてみてください。

あなたが悩み、苦しんだのと同じように
彼も、あなたと同じ心の痛みを
抱えていることに、思いいたりませんか?

そして、あなたの父も、母も。



幼いころの未消化の感情、
そこから自分を切り離して世界を見たとき

目の前には、全く違った景色が広がっていませんか?



関連記事
スポンサーサイト

【2015/09/25 10:00】 | こころのおはなし
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。