◆子育て相談 ◆家族関係コンサルティング  自分らしい生き方探し・・・メンタルトレーニング、カウンセリング、インナーチャイルドセラピー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
先日、病院の待合室にいたら、
事務の女性とおなじみの男性患者さんが話しておられました。

患「どっちだった?」
女「男の子です」
患「ほう、残念じゃったなぁ(笑)」
女「そんなことないですよ」

事務の女性が妊娠しておられるのか
出産されたのか
詳細はわかりませんが。

妊娠中でないこと(赤ちゃんが聞いてないこと)を
祈ります。

この会話を赤ちゃんが聞いていると
「ぼくは 『ざんねんなこども』 なの!?」
と、自分のことを思ってしまいます。
これが、「自分の存在価値を否定する」というバーストラウマに発展します。

男であること、それは変えられない事実

そのことが「残念」と言われてしまうわけです。

男であり続ける限り、
すっとその「残念な存在」という痛みを抱えて
生きなければならないわけです。
親にも気づいてもらえることなく。


こんな時、お母さんが
おなかの赤ちゃんに向かって
「ママは、残念だなんて思っていないよ。
生まれてくるのを楽しみに待っているよ」
と、言い直してあげると、トラウマにはなりません。


胎教とは、モーツァルトを聞かせることじゃないんです。
おなかの赤ちゃんに
「あなたのこと、ちゃんと見てるよ
生まれてくるのを楽しみにしているよ」
とくり返し伝えることが、一番の胎教なのです。


わたしは、自分の妊娠中、そのことを知りませんでした。
私自身のバーストラウマのせいで
「胎教なんて、ケッ」と思っていた部類なので。

知っていたら~と思います。

妊娠中の女性、
これから妊娠される女性、
「赤ちゃんとコミュニケーションをとる」ということを
大切に考えていただきたいなと思います。


かくいう私も、
3番目の妊娠で胎児の性別が「男」だとわかった時
少なからずがっかりしました。

女の子がよかった~、。゚(゚´Д`゚)゚。  


娘の服や育児用品が使いまわせるし
上の子の子育てが、
やっとひと段落したころの妊娠だったので
穏やかな?子育てがしたいと思ったんですね。

「穏やかな子育てがしたい」
から、女の子が欲しい。

それは、「男性」への潜在的なおそれがあったから
かもしれません。
「男は厄介」という、思いが。


男女は、陰陽にたとえられます。

ですから
心の中にバーストラウマのしこりを持ったとしても
男の子と女の子では
その現れ方が違うように感じます。

女性は陰ですから、
しこりを抑圧の方向へ、
奥へ奥へ持っていこうとするのに対し

男性は、陽の氣(エネルギー)です。
能動的で発散タイプなんです。

ですから 男の子は、
抑圧しっぱなし、ということは少なく
そのエネルギーは、他の出口を探して
違う形で発散しようとします。

地下でつながっているマグマが
まったく別の噴火口から吹き出すような
そんなイメージですね。

抑圧されたエネルギーは
ゆがんだ欲望として噴出します。

例えば、
征服欲(暴力、ハラスメント)
性欲(快楽、多数を求める)
成功欲(社会的地位、権力に固執)
破滅願望(飲酒、薬物、反社会的行動)
など。

男性性のエネルギーバランスが崩れ、
負のエネルギーが
突出してしまいます。

そして、なぜだか、
いつもこういう男性ばかり好きになってしまう女性がいます。

前の記事に書いた
「女性性の否定」を持つ女性ですね。

お互いが自分の性に対して
心の奥で否定的に感じていると
その負のエネルギー同士が引き合ってしまうのです。

男性は、本当はナイーブで傷つきやすいのですが
「泣くな!」
「弱音を吐くな!」
「男だろ!」
と育てられてしまうために、
心の痛みをうまく表現することができません。

痛みを抱えながら
からだや心が動かなくなるまで働き続けるような
社会が成り立ってしまうわけです。

子どものうちに
「泣いたっていいんだよ」
「弱音を吐いたっていいんだよ」
「つらいことはつらいって言っていいんだよ」
って、言ってもらえたら、
男の子たちの人生は、また違ったものになるでしょう。

ひずみまくっている男性社会を変えられるのは
いま男の子を育てているお母さんたちです。

そのことを忘れずに
健やかに育ててあげてくださいね。



男性性の否定 文字入り みすまる   

子どもの頃の長男がそうでした。
わざと、雰囲気をぶち壊すようなことを
よくしていました。

どういうタイミングなのか、わからなかったのですが
きっと
この「バケツの水が満杯になったタイミング」だったのだろうと思います。



* * * * * * * * * * *


ピエタ・セラピーが人生の分かれ道になる

セラピーをとおして、
抑圧していた感情を発散することで
バーストラウマを溶かします。

子どもはよく泣きますね。
よく泣ける年齢の方が、
バーストラウマの解除はスムーズに運びます。

言葉を覚えだすと、言葉でごまかすようになり
5~6歳になり、がまんを覚えると、
容易に気持ちを吐き出しにくくなります。

成長して
年齢を重ねれば重ねるほど
ネガティブな思いが、瓦礫のように心に積み重なり
とりのぞくのに本当に苦労します。

まず、これを取り除かないと、
「愛されている実感」は入ってきません。


だから、
できるだけ小さな赤ちゃんのうちに。

どんなものにも代えられません。

お子さんに「私に生まれてよかったと思える人生」を
プレゼントしてあげてください。


母と子の心をつなぐ
ピエタ・セラピー

90分程度 5,000円

くわしくこちら

080-5209-2240
life.team307@gmail.com
澄田順子


関連記事
スポンサーサイト

【2016/02/10 10:00】 | 子育て
【タグ】 下関  カウンセリング  子育て  インナーチャイルド  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。