◆子育て相談 ◆家族関係コンサルティング  自分らしい生き方探し・・・メンタルトレーニング、カウンセリング、インナーチャイルドセラピー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大人たちは、軽い気持ちで口にしています
 
妊娠すると、やっぱり気になるのは
おなかの子の性別ですね。

男の子だったらいいな
女の子だったらいいな



健診で赤ちゃんの性別がわかると
深く考えずに
口をついて出てしまいます。

「男の子だった」 ( ノД`)ガッカリ 
「また、女の子だった」 ( ノД`)

そんな時、おなかの赤ちゃんはママたちの会話を
どんなふうに受け止めているでしょう


ママの残念な気持ち、
パパのがっかりした気持ちが
くぐもった声でおなかの中に響いてきます。

それを感じ取った赤ちゃんは

「女の子の私ではダメなんだ」
「私じゃダメなんだ」
「ぼくは生まれちゃいけないんだ」

と思ってしまいます。

・・・・えぇぇ~
まさか~
そんなことくらいで?

そうなんです。
それが赤ちゃんの認識なんです。

そして、それは
訂正されることなく
赤ちゃんの意識の奥に
グサッとアンカーを突き立てて
沈み込みます。

問題なのは、

①パパやママが
 自分たちが口走った内容を
 対して重く受け止めていないこと
 =赤ちゃんが傷ついていることに気づいていない

②赤ちゃん自身が想いを伝えることができないこと
 =仲直りの機会がない



これから紹介するのは
BlueWindsの真美先生のセラピーのケースです。


「お父さんが大嫌いな2歳の女の子」

おなかの中にいる時に
おとうさんの発した「男の子がいい」という想いを受け取ってしまい
「女の子で生まれたら、愛されない」という
思い込みを持ってしまいました。

お父さんはね、
たとえ妊娠中にそう思ったとしても、
生まれてきたわが子を抱いた瞬間、
そんな思いは吹き飛んでしまうと思います。。

※もし、それでも
親に「男の子がよかった」という想いが強ければ、
親御さんはセラピーを受けた方がいいかもしれません。


けれども、
パパもママも赤ちゃんのこころの痛みに気づきません。
赤ちゃんも泣いて知らせることが精いっぱい。

お互い、心がすれ違い、分かり合えないまま。

そして、
この女の子はセラピーを受けました。
その日のうちに
これまでの「女の私じゃおとうさんに愛されない」という想いが
「おとうさんは私のことを愛してくれている」に
書き換わったんですね。


良くも悪くも
心の底にある「想い」に
見合った人生を送ることになります


心の底の想いが
「女の子に生まれてよかった」であれば
そう感じられるような体験を
この子は人生の中で
たくさん積み重ねていけます。
あたりまえのように。

しかし、
この思い込みが書き換えられないまま
成長すると、
どうなるでしょうか。

女性性の否定 文字入 みすまる

「女に生まれたせいで」という気持ちを
上書きするような人生を重ねてしまうことになります。

前出の女の子も、
セラピーを受けていなければ、
おとうさんと心が通じ合うこともないまま、
たくさんのトラブルを抱えて生きていたかもしれません。

特に「女性性の否定」を抱える女性は多く
「え、こんなことまで!?」というような現実も含まれます。

心の底に沈んだ想いが
それに見合った現実を引き寄せてしまうのです。

それくらい、
このネガティブな思い込みを、
幼いうちに
解除できるかできないかが
人生の分かれ道になってしまいます。

子どもはよく泣きますね。
よく泣ける年齢の方が、
バーストラウマの解除はスムーズに運びます。

言葉を覚えだすと、言葉でごまかすようになり
5~6歳になり、がまんを覚えると、
容易に気持ちを吐き出しにくくなります。

成長して
年齢を重ねれば重ねるほど
ネガティブな思いが、瓦礫のように心に積み重なり
とりのぞくのに本当に苦労します。

まず、これを取り除かないと、
書き換えられないんですよ。


だから、
できるだけ小さな赤ちゃんのうちに。

どんなものにも代えられません。

赤ちゃんに「私に生まれてよかったと思える人生」を
プレゼントしてあげてください。


母と子の心をつなぐ
ピエタ・セラピー

90分程度 5,000円

くわしくこちら

080-5209-2240
life.team307@gmail.com
澄田順子




関連記事
スポンサーサイト

【2016/02/08 10:00】 | 子育て
【タグ】 下関  カウンセリング  子育て  インナーチャイルド女性性  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。