◆子育て相談 ◆家族関係コンサルティング  自分らしい生き方探し・・・メンタルトレーニング、カウンセリング、インナーチャイルドセラピー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校の代休で
家にいた子どもたち。

いつもと違う休みの感覚に、
なんとなくふわふわした感じ。

末っ子は
朝食の後、
テレビゲーム
少しおいて
テレビの録画
途中から
iPodで
YouTuberのコンテンツを・・・。

私はその間、
見えないところの整理と
プチ断捨離をしていました。

画面の見すぎだからもうそろそろ終わってほしい、
と私が言ったところから
バトルが勃発。

「だって、〇〇(姉)が1時間見ていいって言ったもん!!」

姉「それはゲームをしてない日のことでしょ」

「でもいいってさっき言ったじゃん!!」

完全にちびデビル化して
ガルルといった感じで反抗してきます。

「あなたを育てているのは
 お姉ちゃんじゃない、
 私だ!!」

と、そこで、私ががっつり喝を入れました。

がまんする、ということはどういうことか
自分の気持ちをコントロールする、ということはどういうことか
それができないまま大人になると、どうなるか

ひとしきり話をして
末っ子は憑き物が落ちたように
すっきりした顔になりました。

その後は素直な末っ子に戻っていました。


今の子育ては
「受け入れる」「認める」「ほめる」「寄り添う」
というようなワードが主流です。

だから
「ありのまま」という甘いフレーズが
流行ったのだと思います。

しかし、
ありのまま、野放しにしていてはいけない部分も
人の中にあるのです。

傲慢でわがままで自分本位な私 です。

心の中で

私が一番じゃなきゃヤダ、
特別扱いされなきゃヤダ、

って言っています。

ちびデビル、ボスちび です。

「受け入れてもらう」「認めてもらう」
ことは、実は
ボスちびの誕生と紙一重なのです。

赤ちゃんの頃
泣いたらママが飛んできてくれました。

子どもの頃、
スーパーで大声で泣いたら
すんなりおもちゃを買ってくれました。

子どもは
しっかり学んでいるんです。

どうやったら
大人が動くか、ということを。

確かに
ありのままの姿を受け入れてもらえず
深く傷ついているインナーチャイルド、もいます。

しかし、
心の中には
「私の言うことが正しいんだ~!!」と
自分の非を認められない、ちびデビルもいるのです。

あ、いない人なんかいませんよ。
みんな持ってます。

そして、
インナーチャイルドのセラピーをするときに
実はこのちびデビルの方が
数倍もやっかいでしぶといんです。

文字通り、ラスボスです。

「ありのまま」というフレーズが流行った時に
「そうそう、認めて認めて~!!」と
食いついたのは、
実はちびデビルなんですね。

この存在は
認めてはいけないんですね。

なんでもかんでも人のせいにし、
言い訳をし、
自分から頭が下げられず、
変わりたくない、と思っているので

人の成長を足止めしてしまいます。


末男っ子は、小1ですが
懇談会などでも
低学年の、ちびデビル化の話がよく出ます。

感情の歯止めがきかない子、
言い聞かせることが難しい子が
増えていると。



どんな感情も、持っていいのです。

ただ、
その自分の感情をわかってあげること、
自分の感情の対処方法を知っていて、できること
(人にぶつけない)

それを教えていくことが大切なのかな、と
思います。

+ + + + + + + + + + + + + + + +

お知らせです

私がお慕いしている
BlueWindsの真美先生が
福岡に来られることになりました。

12/5のアクロス福岡でのセミナーは
「インナチャイルドの癒しはもう飽きた」というテーマで
母親との関係についてお話ししてくださいます。

軽妙にバサバサと切っていく真美先生のお話を
ぜひ、生で聞いてみてください。

12/4には、ピエタ・セラピーもあります。
子どもの困ったに悩んでおられる方がいらしたら
脚を運んでみてください。

お申し込みは下記サイトへ。
【福岡】母親との関係を見つめる~幸せな「わたし体質」のつくり方♪セミナー



私の方にも、お気軽にお問い合わせください。



タグ ゲーム 子ども 子育て わがまま
スポンサーサイト

【2015/11/17 10:00】 | 子育て
|
昨年の9月からレッスンを始めて
1年たったのですが

正直、しんどくなっていました。

月に1回程度
師である安部先生の指導者講座を受けて勉強するのですが

それもしんどくなっていました。

「しんどくなっている」って
意外と気づかないもんですね。

けっこう、行動には表れているんですけどね笑


10月に私のスタートでもあった
子連れクラスをクローズして、
心の身辺の整理をいろいろとしました。

で、原点に戻りたくなりました。

私の、安部先生との原点は
「寺ヨガ」
です。

その時の、新鮮な感動、
一時流行りましたけど(笑)「至福の時間」

自分が何のために
やっているのかわからなくなってしまっているものを
とりあえず脇にどけ

一度、
原点に戻ろうと思いました。

来年からかな。


でも、先週の火曜日
善は急げで思い立って
福岡の先生の通常レッスンに行きました。

小学校の子どもたちの
登校時間より早く家を出て、高速バスで。

久しぶりに行ったスタジオは
生徒さんたくさんいましたが、
私はそのなかで埋もれるようにして
ひたすら自分の世界で
先生のガイドにしたがって体を動かしていました。

先生の言うとおりに単純に体を動かす。

ずっと求めていた感覚が
よみがえってきました。

どうして、指導者講座が苦痛だったのか。
すごくよくわかりました。

私は、
教える立場になってから
自分が体を動かす喜びより
いかにお客さんに伝えるか、
そのために、いかに学ぶか
ということに焦点が行っていたんです。

だから、「学ぶ楽しさ」から
どんどん遠ざかっていました。

そして、終わってみて
すごく、心が晴れました。

ご一緒した友人と
お昼を一緒に食べて
そこでまた自分の気持ちを整理できました。

すごく、突き抜けた感覚で
帰りの高速バスにのり、
そのなかで
レッスンの復習をしました。

私、実は
撮り終えた動画や音声も
ほぼ!!見返したことはありませんでした。

ノートも、ほとんど見ませんでした。

6時間の集中講座は
私にはキャパオーバーのようでした。


それなのに。
今回、私は、レッスンの音声を4回、もっとか?
聞き返しました。

コンパクトにぎゅっと濃縮された
80分のレッスン。
集中力が途切れないので
内容を覚えています。


そして、音声を聞きながら
聞き逃していたことを再勉強して
記録しました。


一度、生徒に戻る必要があったんですね。

新しいことを聞くたびに
「どう取り入れるか」
「どんなふうに教えるか」
って、そんなことばかり考えていたので
本当に疲れ切ってしまっていたんです。

すごくいい経験でした。

で、私にとって最良の勉強方法も
わかった気がします。

いいって頭でわかっていながら
実行できなかったこと。

そこには、私のブロックがあったんですね。

それを取っ払いました。

学ぶ楽しみを知らなければ
教えることはできない

しばらくは、
一介の生徒として、先生のレッスンに
通おうと思います。

80分のレッスンを受けた私の気持ち
それを再現するような
レッスンをしていこうと思います

今は、そっちの方に
ワクワクを感じます。

そして、
それもいつしかしんどくなり始めたら
その時は私の次のステップなので
また、先生との新しい関係を模索していこうと思います。




【2015/11/15 10:00】 | わたし的日記
|
  


おなかのなかに赤ちゃんが宿った。


「おめでたいこと」なのに
すごくうれしいのに


ふとした瞬間
心の中を占領する この気持ちはなんだろう

マタニティ・ブルーなのかな

赤ちゃん生まれたら、自然になおるかな

けれども、

赤ちゃんが生まれたら、
この気持ちは余計にひどくなった

赤ちゃんがこんなに泣くとは思わなかったし
こんなに手がかかるものだとは
想像もしなかった

これからもずっと続くのかな



どうしてこんな気持ちになるのか
自分でもわからない


赤ちゃんはかわいいし、いとおしい


けれども

ずっとふたりで家の中にいると
頭がどうにかなりそうな時がある

頭ではわかっているのに
心がついていかない

私は 母親失格なのだろうか


誰かに相談したら
「もっと母親としてしっかりしなさい」って
責められるかもしれない


先輩である親ならわかってくれるだろうか

けれども、実家の母も
「子どものことを一番に考えなさい」
「子育てとはそういうもの」
って、子どもの肩ばかりもつ


私が欲しいのは、そんな言葉じゃないのに


私の気持ちは、誰にもわかってもらえない



* * * * * * * * * * * * * * * 



子育て中のお母さんは、
本当に たくさんの感情を経験します。

よその親子の仲よさそうな姿を見ると
なんだか、
「お前はダメだ」って
誰かに言われているように感じて、

つい、自分の子育てを責めてしまいます。


子どもはかわいいのに
どうしてこんな気持ちになるのかわからない

どうやったら治るのかわからない

いつまで続くのだろう



3人の子の親である私も
そんな思いを抱えながら
子育てをしていました


もっとはやく
このセラピーと出会っていたら
子育ては楽になっていただろうな、と思います


いまなら、わかります

私はずっと
子どものことを、心から愛していたんだなと。


ただ、心の中を占めていた
たくさんのわだかまりのせいで
愛していることを
素直に感じられなくなっていただけなんだな、と

子育て中に生まれる
ありとあらゆるネガティブな感情には
すべて 原因があり、解決の道があります

お母さん自身の気持ち、
お子さんが見せてくる問題行動、

それには、理由があるんですね

「私のせいだ」と思っているお母さんは多いですが

お母さんのせいではありません


ひとりで悩まず
ひとりで抱えず


どうぞ その心の内をお話しに来てください


赤ちゃんは おなかの中にいる頃から
もうすでに周りの大人の感情を感じています


「ママ、笑って」


赤ちゃんも、あなたが心から笑える日を
待っています


このセラピーでは、
セラピストが橋渡しをしながら
お子さんの気持ち、お母さんの気持ちを引き出します。

心のしこりを溶かし、壁が取り払われたとき
お子さんと「つながった」という感覚が広がることでしょう。



母との子のピエタ・セラピー
90分 5,000円

お子さんが小さければ小さいほど
効果がはっきりと早く出ます

子育てがしんどいお母さん
子どもの問題行動に悩んでいるお母さん

一度、お話をしに来てください



連絡先
080-5209-2240 澄田順子

 


【2015/11/13 09:06】 | 子育て
|
中2、小6、小1の3人きょうだいのわが家。

リビングの3人掛けソファに
あり得ない密度で座って
一緒に過ごす時間が多いのですが、

今朝、めずらしくけんかをしました。
発端は姉の言葉にキレた末っ子が
長男がしていたゲームの電源を切ってしまい。

突然のとばっちりに長男はキレて
部屋に行ってしまいました。

姉は部活に行ってしまい、
残された末っ子は、ふてくされて
ベランダへ家出。

私は・・・先週見逃した「無痛」を見ていました~(笑)
いや~西島さんがかっこよくて。

ベランダにいた末っ子、
ドラマが終わるころ部屋に入って私のそばにやってきました。

感情が落ち着いていたので
そこで、少し話をしました。

自分の怒りにまかせて
関係ない人のゲームの電源を切る行為はよくないこと。
兄に、きちんと謝ること。

話をしながらも、
「でもさぁ!」
「だってさぁ!」
と、末っ子は言ってくるわけですが、
そこは根気よく話します。

「でもさ、謝ったって許してくれないもん」

相手が許してくれなくても
きちんと自分の気持ちを伝えることは大切だよ、と。

そして、ついてきて、というので
廊下まで一緒に行って
兄の部屋の前で

「さっきはごめんなさい!
ぼくがわるかったです!」

部屋からは、兄の返事が聞こえました。

もう大丈夫だな、そう思いました。




きょうだいげんかで悩むお母さんは多いと思います。

私自身、一人っ子だったので
上の二人が
小さい頃からすぐにけんかをし
ズケズケと ののしりあうのを見て
「きょうだいってこんなにケンカするんだ」
と、びっくりしました。

そして、思いました。
「なんとかしなきゃ」

そうして、仲裁に入ってはこじれ。
イライラ・ストレスが増していました。

今は・・・
ケンカそのものをしなくなったし
私自身もほっておけるようになりました。

「なんとかしなきゃ」という
いてもたってもいられない気持ちから解放されたんです。

イライラ・モヤモヤするのは
「子どもがケンカすること」に原因があると思っていませんか。

そうではなくて、
実は、見ている親の方の気持ちの問題なんですね。


◎いてもたってもいられない、早く止めたい

親自身が、自分の気持ちにふたをしている場合、
子どもたちが本音をぶつけあうような場面は
自分の隠している気持ちが刺激され、いてもたってもいられなくなります。


◎「友達となかよく」「みんななかよく」という道徳観念に縛られている 
幼い頃、
けんかをすると、悪いことだとしかられた経験や
「友だちとなかよくする」「人にやさしく」という
価値観に縛られていると、
相手(子ども)にも同じ価値観を求めてしまいます。


◎子どもに対する罪悪感がある
「こんな子育てができなかった」という罪悪感があると
親として自分のいたらないところを
見せられているような気持ちになる。
私の育て方が悪かったからだ、と自分を責める気持ちになる。


◎自分の理想(期待)とかけ離れた現実に幻滅する
「家族は仲良くあってほしい」という幻想があるため、
そうでない現実に直面するのがつらい。
「うちの家族はだめだ」=「私はダメだ」
といういう思いが刺激される。


思いつくだけでも、
親の中にこれだけの要因があってモヤモヤさせているんですね。

その一つ一つに気づいて
「そんなふうに思っていたんだね」と
わかってあげること、
それを根気よく続けていくことで
きょうだいげんかに直面したときの
モヤモヤ・ザワザワは自然と消えていきます。


ここからは辛口です。

あとね、子どもがわざと「見せてくる」ことがあります。

ブログやSNSで
キラキラ家族のお話書きますね。

うちの家族がどんなに素敵か。Happyか。

子どもはわかるんですよ。

日常の中の
「いいところ、見栄えのするところ」ばかり切り取って
しかも盛って、記事を書いていることに。

子どもは
感じ取るんです。矛盾を。

何を記事に上げるかで
「ぼくのこういうところはいいんだな」
「僕のこういうところは、都合悪いんだな」って。

自分の中に蓄積した矛盾のエネルギーを
発散しようとします。

「絵にかいたような家族だんらん」をぶち壊しに(笑)


「キラキラした記事」を載せたくなるのは
「そうでない部分」への後ろめたさが半端ないからです。
そこに気づかないので、
「キラキラ記事」の掲載合戦になってしまうんです。

読んでいて疲れます。

なんて書くと、
どんなにすごいけんかをしたかとか、
記事にする人がいるかもしれませんが。

そういうことではないですよ。

記事に書かなければ、
誰かに知ってもらわなければ気が済まない、
その気持ちを見ていく、ということです。


世の中には、
たんたんと「足る暮らし」をしている人がたくさんいます。


自分自身が
「足る」を知っていれば、それでいい、と思います。


話がそれましたが、

きょうだいげんかへの
お母さん自身の
こだわりをほどくワークがあります。

こだわりをほどいていくと
■家庭での争いごとが減る
■きょうだいげんかへの対処法がわかる
■感情が緒をひかなくなる(何日も無視!とか 笑)
■子どもにガミガミ言わなくなる

なにより、
そういった感情から自分が解放されて
とても楽になります。


きょうだいげんかの
あのモヤモヤから解放されたい!という方、
ピンと来たら、
お問い合わせくださいね。↓


マンツーマン・レッスンのお知らせ


【2015/11/07 10:39】 | 子育て
|
11月に入り、
親と子のレッスンはなくなりましたが、
いつも参加してくれている友人のリクエストで
自宅レッスンをしました。

アロマが好きな彼女、
せっかくなので
月末から予定している
女性のための調律レッスンのモニター的流れでやりました。


体をほぐしながら、近況を話していきます。
それについて、
私が心理学的な視点を交えて話をします。

以前にも、何回か
彼女にはこういった話をしているのですが
そういった考えをとり入れるようになって
子育てがかなり楽になったと言っていました。

しっかり勉強した後
こういった普段の延長のようなレッスンの中で
さりげなくフォローする機会があるといいなと思います。

広~い体育館と違って
膝を付き合うような距離感は
そういった話をしやすくするのかもしれません。

ほぐした後、
呼吸をていねいにやって
首の動き、みぞおちの動き
IBUKI脊柱のフローをして
最後に
アロマで足をケアしました。

私の使っているド・テラのオイルは
品質の基準が高いので
一滴でもかなりの効果を得ることができます。

このオイルに慣れてしまうと、
他のオイルが水っぽく感じるほどです。
ほんとに。


肌への塗布はもちろん
食品添加物として体内に取り入れることもできます。

最後にレモン水を飲んでもらいました。
私、毎晩のワインにレモンを滴下して飲むのが日課なんです。
(//∇//)


というわけで、今日
なんとなく
原初の単細胞生物のような
そんなレッスンができました。

自分の活動の原型をつくること

自分にしっくりくるもの
自分の特性を活かせるもの

それが出来上がったら
あとは、増やしていけばいいので

最初の、原型をつくること
それに尽きると思います。

何度もつくっては
アポトーシスをくり返し
そうやって進んでいくんだろうと思います。



女性のための調律レッスン「 LOTUS 」では、
ほぐしたり、動かしたりして体を調律し
エッセンシャルオイルの香・塗・飲など、
五感を使って心と脳を調律していきます。

一般的な アロマを焚いた中でレッスンをする
「アロマヨガ」とかいう「チンケ」なものとは異なります。

植物のもつ生命力を凝縮したエッセンシャルオイルを
ふんだんに用いて
こころとからだの調和をはかります。


『 香りと脳の関係 』は、岡山にいる頃に勉強していましたが
転勤により縁遠くなってしまいました。

IBUKIで、「エクササイズ」という範疇を越えた
脳への影響を肌身で感じるようになってから

「アロマ」という範疇を越えた香りの世界を
また再び勉強したいな~と思い始めています。



* * * * * * * * * * * *


◎呼吸をととのえて調和する
◎道具の力を借りて、ゆるめる
◎体のしくみにもとづいて、ととのえる

統制を失って
不調和を起こしているからだやこころを
一つ一つ丁寧にただして
美しく、いきいきと
その人らしい「調和の音」を奏でられるよう
お手伝いをいたします。

こころとからだの調律レッスン(赤間サロン)
◎(土)10:00~11:20
◎定員 6名 要予約
◎料金 1回ごと   1,300円
     4枚チケット 4,000円(本人のみ・購入後2カ月)     

◎マットをはじめ、道具類はすべてそろっています。
 更衣スペースあります。
 近隣の駐車スペースをお使いください。
◎場所 赤間町7-16 赤間町ビル 202

11月 7日 14日 21日 28日


女性のための調律レッスン「LOTUS」(赤間サロン)
◎(日)14:30~16:00 月2回程度
◎定員6名 要予約
◎料金 1回ごと  1,600円
    2枚チケット 3,000円(本人のみ・2カ月)
    4枚チケット 5,200円(本人のみ・3カ月)

通常レッスンに加えて、
上質なエッセンシャルオイルや
ハーブを使い、
年齢とともに変化する女性の
心と体に特化したレッスンを行います。

11月 29日
12月 13日、 27日


「生まれなおしサロン みすまる」 

ホームページはこちら

 下関市赤間町 (唐戸市場近く)

 サロンならではの、落ち着いた環境で
 心と体へのトータルなアプローチを実現します。


恋愛、仕事、結婚、妊娠、子育て、介護、加齢
女性の一生で出会う、
さまざまなできごとや感情の前で
立ちすくみ、前へ進めない・・・。

訪れる方が、
もともと備わっているいのち本来の輝きに気づき
自分らしく豊かな人生の第一歩を歩み出す、
その「生まれなおし」のアシストをいたします。



: : : : : : : : : : : : : : : : : : :



ヨガ ダイエット 姿勢改善 呼吸 ポール 肩甲骨 安部塾 下関 山口

アロマ ドテラ

姿勢改善 ヨガ 呼吸 ポール エクササイズ 肩こり 腰痛 下関


インナーチャイルド バーストラウマ アダルトチルドレン セラピー カウンセリング 下関 山口
夫婦 親子 毒親 子育て 女性性





【2015/11/06 10:30】 | 調律レッスン
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。