◆子育て相談 ◆家族関係コンサルティング  自分らしい生き方探し・・・メンタルトレーニング、カウンセリング、インナーチャイルドセラピー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、注文していた
ピラティスマットと、ボルスターが届きました。

P1020097 k

P1020098 k


ボルスター高かった!!
しかし、体にそってなじむ感覚は、
ポールより親しみやすく、
こころおきなく体を預ける感覚は
頼りがいのあるグラン・マといった感じです。

ポールと比較すると、こんな感じ。

P1020100 k

P1020099 k

重量感がありますが、持ち手があるので便利です。

午前中、届いたばかりのボルスターと遊びました。

ポールやブロックもそうですが
目的もなく、ただたわむれるうちに
道具の方から、
「こうやって使って!」と教えてくれるように
アイディアが浮かんできます。

こういう時間が一番楽しいですね。

私は、レッスンのように言葉で伝えるのが苦手みたいです。


メニューを考えていたとき、
このボルスターを使って
「ワンランク上のリラクゼーション」を考えていました。
しかし、やることが手広すぎて
今はメニューには上げていません。


今週のIBUKIの会では
ボルスターと、バランスクッションに
お手伝いをしてもらおうと思っています。

あと 2名様、空きがあります。
タイミングのあった方、お待ちしています。

  
参加者のみなさまには、                                           
明日改めて最終案内メールをお送りいたします。

よろしくお願いいたします。



スポンサーサイト

【2015/10/22 10:00】 | 未分類
|
このたび、下関市赤間町にマイサロンを持つことになりました。

唐戸カモンワーフから歩いてすぐのところです。
 
6月のふとした思いつきから始まった部屋探し。

塾長の予言、もといアドバイスに従い
「海沿い」「海の近く」の物件を探した結果、

導かれるようにとある物件にたどり着き
誰かが扉を開いてくれたかのように
するするとオープンへの道筋が拓きました。

この一年で、
重い腰を上げ

からだアプローチへの扉、
こころアプローチへの扉を開いてきました。

そして、
サロンを開くにあたって

最後に残った扉

これまで一番しり込みし、遠ざけ逃げてきた最後の扉を開けて
自分と向き合う決意をしました。


このサロンでは、
からだ、こころ、たましい が
三位一体となって統合され
その人本来の輝きを取り戻していくためのお手伝いを
したいと考えています。

とはいえ、私にできることは限られています。

お客様の扉は、お客様自身が開く。

私は、あくまで
案内人、立会人、見届け人です。

最後のゴールはお客様が放つ。

そんな意味を込めて
新しいサロンを

ライフ・アシスト・サロン 「 みすまる 」


と名付けます、たぶん。

※「アシスト」 
 ニーズの実現や目的の促進に寄与する活動


詳細は、追ってお知らせいたします。


10月のスタートを目指します。

今後ともよろしくお願いいたします。


平成27年8月25日   

澄田 順子





※みすまる とは
八尺瓊之五百箇御統之瓊玉
やさかにの いおつ みすまるのたま

非常に変換しにくい・・・・(笑)

御統 みすまる → み・すまる
すまる・すめる・スメラ ← シュメール
統べる ← 統ばる ← 昴(スバル)

ということで、この言葉は
シュメール由来かなと思っております。

アマテラス1
アマちゃん、応援よろしく


※ちなみにこの珠を作った神は
玉祖命(玉祖神社・山口県防府)



【2015/08/25 10:00】 | 未分類
|
2月、単発クラスが終わってから、
4月までの準備。


私は、自分の中のそうじをすることにした。


お金のこと。
働くこと。
稼ぐこと。

それらをどうとらえているか、
そのとらえかたに
私の思いぐせがあり、
ブロックがあり、
ねっこにインナーチャイルドがいた。



この部分を、きちんと見ておかないと
仕事、お金、うまく回らなくなる部分が
いつか必ず出てくる。


とはいえ、完全なる掃除なんてできないし
仕事をしていくうえで、取り組めばいいのだけれど
知ってるか知らないかで
壁のぶち当たり方(笑)が変わるよな、と思う。


「お金がないと生きていけない」

お金の流れは、エネルギーの流れ。
私たちが自然とのつながりを絶ち、
お金を介してやりとりをするようになったから
私たちの生命線は「お金」になった。

だからこそ

お金の流れを制するものは、
エネルギーの流れを制することができる。



陰謀論的思考で
なんだかな~と思った時期もあるが、
お金すら私の心の投影なら
その現実の中で自分が何をしていくか、
まずきちんと考えないとな。


「お金じゃないから」

「頑張っている自分へのごほうび」

「お金にならないことばかり引き受ける」

お金にまつわる、よくありがちなこんなことも
幼少期の未消化な感情のしこりが引き起こしている。
・・・  φ(・ ・ ; ) ソウダッタノカ~


お金に関することをどうにかしようと思うよりも
今直面している、ねっこにある感情のしこりを
一つ一つ丁寧に見ていくことが大切なんだと思う。


あと、お金を稼ぐことに関する私のブロック。

母が総合病院の看護の管理職をしていたので
夫婦の給与格差が完全に逆転していた。

お金はエネルギー。
当然、実質的なパワーバランスも逆転していた。

しかし、
両親は、考えの古いステレオタイプな人たちだったので
父は権威を保ちたがったし
母は表向きには父を立てようとしていた。
しかし、つまづいた時にほころびが出る。
パワーバランスの不均衡。

私は、そんな両親を見ていた。
取り繕おうとする表面的な役割と
実質的な、素にあらわれる役割の乖離。

幼心に混乱していたんだ。
とても。

「お母さんがお金を稼ぐと、家庭が不幸になる」
そんな思いがある。

私は高校生の時だったかな、母のことを
「靴が脱げない人」と批判したことがあった。
母は、結構傷ついていた。

私は大人になっていたから、そんなふうに言ったけど。
本当は、「もっと甘えたかった」と
言いたかったのだと思う。それが言えなかった。

母は、尊い仕事をしているのだから。
無意識にそう言い聞かせていたのかもしれない。


看護師から結婚して専業主婦になった時
私は「社会的に抹殺されたような気持ち」になって、
自分が役立たずになったような、そんな感傷を味わったのだが
本当は心のどこかで安心していた。

「お母さんがバリバリ働くと、家庭が不幸になる」

今にして思えば、それは私の心の根っこのしこりだった。


だから母親となった私は、
主婦なんて、と思いながら、
一方で働くことに関して、
「子どもを犠牲にしている」という罪悪感があった。



その想いに子どもがよく反応して、
久留米で、保健師の仕事をしようとした時も、
しょっちゅう熱を出し、
挙句、ストレス性の反応をするようになり
仕事が続けられなかった。


その時、
私は「子どもがいるせいで」という想いを
上書きしてしまったのだけど
それもこれも
全てインナーチャイルドの根っこの想いからきていた。


わからなかった。

わかってあげられなかったね。


大人になって、親になって
その立場で「仕事」をとらえるとき
そこには、必ずと言っていいほど、親の影があるのかなと思う。


子どもの時、
その幼い目を通して親の「仕事」を見ているわけだから。

仕事とうまく付き合いたいなら、
お金と仲良く付き合いたいなら


親への感情 

恨み、依存、甘え、怠慢


それをクリアにしていかないとダメなんだと思う。





【2015/04/07 10:30】 | 未分類
|


私は4月から本格的にインストラクターとしての仕事に取り組みます。


その準備として、
私はまず、心の中のそうじをすることにしたんです。


看護師・保健師として2年ちょっと働いたあと、
私は結婚して、仕事をやめ
長らく専業主婦をしていました。


そんな私が
仕事、しかも自営業をスタートさせるにあたり、
お金のこと、稼ぐこと、運営のこと、
さまざまなことに不安を感じていました。

ですから、できるだけそれをクリアにして、
仕事を始めようと思ったんです。




「今さら私がやったって」

「私にはムリ」




新しいことに取り組もうとするとき、
すぐに、心の奥からこんな想いが湧き出してきます。



自分の可能性にチャレンジするとき、
自分の足を引っ張るのは、他でもない、自分自身なんですね。


2月に入ってから、私は、お金や仕事に関して自分の感情と向き合いました。

どんなことが不安なのか。

どんなふうにに仕事をしたいのか。




そうしていくと、
自分の中に、足を引っ張る思い込みがたくさんあることに気付きました。
まず、これを解消していかないとな~と。


こうして自分を見ていく中で
今、新しいことにチャレンジされている方、
これからチャレンジしようとされている方と
シェアできたらいいのにな、と思うようになりました。



最初はWS形式での勉強会を考えていましたが
自分の時間でじっくり取り組めるように
音声データとレジュメを配布する、という形をとることにしました。


cocoro-necco shop


自分の好きな時間に、じっくり取り組める方が
いいかなと思ったんです。


レジュメを見ながら私の話を聞いて、講義形式で学ぶ方法です。
内容についてメールでの質問、
必要な方は、個人的な案件について相談にものります。



一人で取り組むよりも、グループでやるほうが、
場の力を借りていい結果が期待できることがあります。


もし、手にとって下さった方の中から
要望があれば、勉強会&グループセッションという形で
内容を深める機会をもうけたいと考えています。




なんとなく思うように行ってない

立ち止まっている感じがある

行きづまっている感じがある

もやもやとした不安や焦りを感じる

どのように自分を変えたらいいかわからない


そんな方に取り組んでもらえたらと思います。
・・・・なんて書いたら
「私 病んでませんし!」とか思われちゃうかしら。

まあ、興味をもたれた方、 どうぞ。
目からうろこな内容かもしれません。



4月から主催する「からだ改善クラス」を通して、
からだの根っこを育てる活動をスタートします。


並行して
こころの根っこを育てる活動をスタートさせます。



私自身がまだまだ学びの途中ですが、
それでも一緒に取り組んでみたい方がいらっしゃれば
とてもうれしく思います。



ありがとうございました。




【2015/03/09 10:00】 | 未分類
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。