◆子育て相談 ◆家族関係コンサルティング  自分らしい生き方探し・・・メンタルトレーニング、カウンセリング、インナーチャイルドセラピー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
先日、病院の待合室にいたら、
事務の女性とおなじみの男性患者さんが話しておられました。

患「どっちだった?」
女「男の子です」
患「ほう、残念じゃったなぁ(笑)」
女「そんなことないですよ」

事務の女性が妊娠しておられるのか
出産されたのか
詳細はわかりませんが。

妊娠中でないこと(赤ちゃんが聞いてないこと)を
祈ります。

この会話を赤ちゃんが聞いていると
「ぼくは 『ざんねんなこども』 なの!?」
と、自分のことを思ってしまいます。
これが、「自分の存在価値を否定する」というバーストラウマに発展します。

男であること、それは変えられない事実

そのことが「残念」と言われてしまうわけです。

男であり続ける限り、
すっとその「残念な存在」という痛みを抱えて
生きなければならないわけです。
親にも気づいてもらえることなく。


こんな時、お母さんが
おなかの赤ちゃんに向かって
「ママは、残念だなんて思っていないよ。
生まれてくるのを楽しみに待っているよ」
と、言い直してあげると、トラウマにはなりません。


胎教とは、モーツァルトを聞かせることじゃないんです。
おなかの赤ちゃんに
「あなたのこと、ちゃんと見てるよ
生まれてくるのを楽しみにしているよ」
とくり返し伝えることが、一番の胎教なのです。


わたしは、自分の妊娠中、そのことを知りませんでした。
私自身のバーストラウマのせいで
「胎教なんて、ケッ」と思っていた部類なので。

知っていたら~と思います。

妊娠中の女性、
これから妊娠される女性、
「赤ちゃんとコミュニケーションをとる」ということを
大切に考えていただきたいなと思います。


かくいう私も、
3番目の妊娠で胎児の性別が「男」だとわかった時
少なからずがっかりしました。

女の子がよかった~、。゚(゚´Д`゚)゚。  


娘の服や育児用品が使いまわせるし
上の子の子育てが、
やっとひと段落したころの妊娠だったので
穏やかな?子育てがしたいと思ったんですね。

「穏やかな子育てがしたい」
から、女の子が欲しい。

それは、「男性」への潜在的なおそれがあったから
かもしれません。
「男は厄介」という、思いが。


男女は、陰陽にたとえられます。

ですから
心の中にバーストラウマのしこりを持ったとしても
男の子と女の子では
その現れ方が違うように感じます。

女性は陰ですから、
しこりを抑圧の方向へ、
奥へ奥へ持っていこうとするのに対し

男性は、陽の氣(エネルギー)です。
能動的で発散タイプなんです。

ですから 男の子は、
抑圧しっぱなし、ということは少なく
そのエネルギーは、他の出口を探して
違う形で発散しようとします。

地下でつながっているマグマが
まったく別の噴火口から吹き出すような
そんなイメージですね。

抑圧されたエネルギーは
ゆがんだ欲望として噴出します。

例えば、
征服欲(暴力、ハラスメント)
性欲(快楽、多数を求める)
成功欲(社会的地位、権力に固執)
破滅願望(飲酒、薬物、反社会的行動)
など。

男性性のエネルギーバランスが崩れ、
負のエネルギーが
突出してしまいます。

そして、なぜだか、
いつもこういう男性ばかり好きになってしまう女性がいます。

前の記事に書いた
「女性性の否定」を持つ女性ですね。

お互いが自分の性に対して
心の奥で否定的に感じていると
その負のエネルギー同士が引き合ってしまうのです。

男性は、本当はナイーブで傷つきやすいのですが
「泣くな!」
「弱音を吐くな!」
「男だろ!」
と育てられてしまうために、
心の痛みをうまく表現することができません。

痛みを抱えながら
からだや心が動かなくなるまで働き続けるような
社会が成り立ってしまうわけです。

子どものうちに
「泣いたっていいんだよ」
「弱音を吐いたっていいんだよ」
「つらいことはつらいって言っていいんだよ」
って、言ってもらえたら、
男の子たちの人生は、また違ったものになるでしょう。

ひずみまくっている男性社会を変えられるのは
いま男の子を育てているお母さんたちです。

そのことを忘れずに
健やかに育ててあげてくださいね。



男性性の否定 文字入り みすまる   

子どもの頃の長男がそうでした。
わざと、雰囲気をぶち壊すようなことを
よくしていました。

どういうタイミングなのか、わからなかったのですが
きっと
この「バケツの水が満杯になったタイミング」だったのだろうと思います。



* * * * * * * * * * *


ピエタ・セラピーが人生の分かれ道になる

セラピーをとおして、
抑圧していた感情を発散することで
バーストラウマを溶かします。

子どもはよく泣きますね。
よく泣ける年齢の方が、
バーストラウマの解除はスムーズに運びます。

言葉を覚えだすと、言葉でごまかすようになり
5~6歳になり、がまんを覚えると、
容易に気持ちを吐き出しにくくなります。

成長して
年齢を重ねれば重ねるほど
ネガティブな思いが、瓦礫のように心に積み重なり
とりのぞくのに本当に苦労します。

まず、これを取り除かないと、
「愛されている実感」は入ってきません。


だから、
できるだけ小さな赤ちゃんのうちに。

どんなものにも代えられません。

お子さんに「私に生まれてよかったと思える人生」を
プレゼントしてあげてください。


母と子の心をつなぐ
ピエタ・セラピー

90分程度 5,000円

くわしくこちら

080-5209-2240
life.team307@gmail.com
澄田順子


スポンサーサイト

【2016/02/10 10:00】 | 子育て
【タグ】 下関  カウンセリング  子育て  インナーチャイルド  
|
  
おなかの中に命が宿った瞬間から
その命には「意識」が芽生えます。

おなかの中で、
聞こえたこと、感じたこと、
すべて記憶しています。

思い出せないだけで。

おなかの中にいるときから
赤ちゃんたちはすでに
パパやママが赤ちゃんのことを
どんなふうに思っているか
知っているのです。

けれども、
その認識力は、小さいゆえに未熟です。

大人たちの何気ない言葉や
突発的なできごとに
大きなショックを受けてしまいます。

そして、
否定的な思い違い、勘違いをして信じ込み、
それを
誰かに話すこともできず、
誰かから訂正されることもなく
痛みを抱えたまま
この世に生まれ、成長します。

人の心の中に静かに沈んでいる癒えない痛み。

それがバーストラウマです。

赤ちゃんは、
自分でその痛みを伝えることができません。

ぐずったり
指しゃぶりしたり
おねしょしたり
後追いしたり
体調を崩したりして
何とか、
ママたちに痛みを理解してもらおうとします。

ママたちをてこずらせる
子どもの問題行動と呼ばれるものは
ほとんどが
バーストラウマの痛みから起きています。

ママたちは、
何とかしたい、はやくやめさせたいと焦ります。
しかし
問題の根本原因がわからないために
目先の応急処置をしてしまいがちです。

そして、
問題行動は消えたけれど、
かえって、
ママの知らないところで
子どもの痛みを重ねるような結果を招いて
しまいがちです。


どうして、うちの子はこうなんだろう。
私の子育てが悪かったのか。

何か起こるたびに、
よその子と比べるたびに
チクチクと痛みます。

ママ自身も、実は
幼い頃の痛みを抱えながら
子どもたちの世話をしているんです。

うっかりカウンセリングや相談に行って、
「あなたの子育てが悪い」なんて
言われたら、
もうどうしていいかわかりません。

「子どもに起こることはすべて
私のせいではないだろうか」と
多かれ少なかれ
ママたちは、思っています。

だからこそ
子育てのことを
誰かにあれこれ言われるのはつらい。

ひとりで抱え込み、
ひとりで何とかしようとしてしまいますね。


私が実施している
母と子の心をつなぐピエタ・セラピーは、
子育て相談とも、
心理カウンセリングとも
異なります。

問題の根本にある
お母さんのこころの痛み、
お子さんのこころの痛み、
両方を溶かしていきます。


お子さんが、胎児の時に抱え込んでしまった
否定的な思い込みを溶かし
本当のことを
ママとのやり取りを通して
お子さんに伝えていきます。

そのプロセスを通して、
ママ自身も
深く癒されていきます。

子どもの反応は、とても素直なので、
わだかまりがほどけて
本来の姿を取り戻していく瞬間は
すがすがしいエネルギーに満ちています。

お互いのわだかまりがほどけると
「心がつながる」という感覚が
実感できることと思います。


バーストラウマと呼ばれる
ネガティブな思い込みは
お子さんの年齢が小さければ小さいほど
あっけなく スルンとほどけていきます。

年齢が上がるにつれて、
意識が複雑化するため、
ほどくのに労力が必要になります。

「こんなことくらいで」
と思っている小さなことが
あとあと
成長してからも
お子さんを苦しめます。

子育てに悩むお母さん、
赤ちゃんの発育・問題行動が気になるお母さん

これから、
バーストラウマについて書いていきますので
ピンと来た方は
どうぞ、お話しに来てくださいね

心の壁 文字入り みすまる



ピエタセラピー1 文字入り みすまる


ピエタセラピー2 文字入り みすまる




母と子の心をつなぐ
ピエタ・セラピー

90分程度  5,000円

くわしくはこちら

080-5209-2240
life.team307@gmail.com

澄田順子




【2016/02/07 10:00】 | 子育て
【タグ】 下関    カウンセリング  子育て  インナーチャイルド  
|
 
親との関係が良好で、円満ですと
言い切れる人は
そうそういないでしょう。
  
私が、
家族関係コンサルティングを
仕事の中核に据えようとしているのも
人生の問題のほとんどが
「親との関係」に行きつくと思ってのことです。

どうして、
親との関係の見直しが必要なのか、
それは

親との関係が、すべての人間関係の基盤になっている

人生で起こる諸問題の根っこに、親子のわだかまりがある

親子の問題の解決なくして、人生の諸問題は解決しない

からなのですが。

もう一つ、

いつか訪れる
「親との別れ」があるからです。

「親に執着なんてありません」
という人に限って
心の奥底で親離れができていません。

この世に生まれる、ということは
言い方を変えれば、
「母の子宮から否応なく出される」ということです。
  
「生まれたくなかった」という想いを
抱えている人は、つまりは
「子宮から出たくなかった」ということ。

想いに反して子宮を出されてしまったことへの
怒り、恨み、
そして、
子宮に戻りたいという、いまだに焦がれる想い、

それが、
「親との関係」の根底にあるのです。

ですから、
「親なんて知りません」
と言い切れる人は、根底では「親離れ」ができていません。

・・・ショックですか?

自分自身の、親への執着を
「切り捨てる」ことで、見ないようにしているだけなのです。
 
根底で「親離れ」ができていない人が
現実に「親」という存在をなくしたら・・・・。

ダブルショックですよ。

想像できますか?

「いえ、大丈夫だと思います」という人。 
「むしろ、せいせいします」という人。

甘っちょろい。
 
甘っちょろいですよ~。

親の影を、探して
親の代わりに与えてくれる人を求めて
さまよう気ですか~?


 
親の看取りは、誰のためにあると思いますか?

親のためではありません。

あなた自身のためです。

もう一度言います。

親の看取りは
あなた自身のために行うのです。



私は看護師として2年、働きました。
配属された病棟は
お亡くなりになる方の多い病棟でした。

臨終という、尊い場面に立ち会わせていただくことも
多々 ありました。

そして、私自身
父と、祖母を看取りました。

小さい頃の「家族」の原型、
それは 父、母、祖母、私の4人家族でした。

父が亡くなった時、
もう「あのころには、どうひっくり返ったって戻れないんだな」という
感情を味わいました。

とても言葉では説明できないです。


けれども、私は
ふたりの看取りに関して
後悔はありません。

きちんと見送った、
あの時の私にできる精いっぱいをした、
その想いがあるからこそ
やってこれている部分が大きい。
  
親の看取りは、一回きりです。

命が生まれる場面と同じくらい、
死を迎える場面も、尊いものです。

どうか、後悔のないように、
自分のために
寄り添って欲しいと思います。

時が満ちたので、
父と祖母を見送った時のことを
これからつづってみようと思います。
  
  
  

【2016/01/22 10:00】 | 親との関係
【タグ】 下関    メンタルヘルス  カウンセリング  インナーチャイルド  
|
    
  
私は、もともとブログを書くのが好きです。

創作物は苦手ですが。

自分の毎日に起こったことについて
たくさん書きたい!
書く時間が欲しい!って
思います。

一つ気を付けていることがあって

『 自分の中で、腑に落ちていないものは書かない 』
『 希望とか救いを感じるオチにする 』

モヤモヤ、イライラ、ネチネチな出来事の数々。

そういった感情が未消化で、
そこに希望が見いだせていないうちは
書かないことにしています。

そうしないと、
読む人に
そのネガティブな感情を丸投げすることになるから。




以前、知り合いに
なぜ西谷先生から学ぼうと思ったの?と
聞かれたことがあります。

その時はフィーリングが合った、としか
答えられなかったんですが

今ならわかります。

女性として私がこれまでぶつかって立ちすくんでいた
トラウマや感情を
真美先生自身も経験して、克服しておられたからです。

これまで、数多くのセッションを受けても
目指すべき自分の姿が見えてきませんでした。

カウンセラーやセラピストは
治してもらう人、癒してもらう人として
会いに行っているのであって
私が
目指す人として会いに行っているのでは
なかったからです。


立ちすくむ原因
現実に即した対処法
かならずよくなるというモデル

それを、ご自分の失敗や弱さを交えながら
「絶対変わるよ」という姿とともに
真美先生に見せてもらったんです。


それで、私は
「やっと見つけた~。私も頑張ればこうなれる!」という
希望をもらったのでした。

今年に入って、
自分の仕事のありかたを再構築していく際に
じゃあ、
自分が感動したものを同じように提供していこうと
思ったんです。


私は、確かに
まだ多くの事例を抱えてはいませんが、
「私とその家族」という
これ以上ない、絶対の事例を持っています。
これが私の強みです。

けっこうね、
自分のこと できてないカウンセラーやセラピスト
いらっしゃるんですよ。
そういう人って、自分の「人間味」を出せないんですね。


私は
自分が当たり前に実践していること、
効果を実感できること、
数々の失敗も含めて
自分の人生を一つのスキルとして
人のお役に立てるよう
使っていこうと、改めて思ったのでした。


ポジティブで心を酔わすような
もっともらしいメッセージはたくさんあります。
一瞬心に響きますが
自分の日常に入ってこないというか。

ですから、
このブログでは、ネタとして
自分のことを事例に引き出して書いています。


心のことについて
こういうことを学び
自分と向き合えるようになったら、
何か不本意なことが起こっても
こんなふうに丸く治めることができるよ、
というデモンストレーションとして書いています。

何が言いたいかというとね

私が書いていることは
ヨガでいうところの
「アーサナ、ポーズ」みたいなものなんですよ。

これを聞いてハッとした方は
すばらしく察しのいい方です(笑)


そのアーサナに至るまでに
まず、
呼吸をただし
からだのしくみを理解し
そのアーサナの意味を理解する。

それを自分のものにできて
はじめて
ひとつのポーズが完成するわけです。

見よう見まねだけで
美しいアーサナを
いきなり、真似できるわけないんですよ。

でも、完成したアーサナを見た人は
「同じことやりたい!」って
ポーズだけ真似しようとするでしょ。


私の書くブログの「ちょっといい話」もね
しれっと書いてますけど、
それはそれはたくさんの
心理的手法を使って、丸く収めているんです。

だから
こころのしくみを知って
自分の心を知り、
感情を治めていくことなしに
「人生の深いい話」なんて完成しないんですよ。

セリフや行動の表面だけを真似しても
それが心を抑え込んでの真似事なら
抑圧した感情が反動であふれかえります。

表面だけ真似した
無理くりなアーサナでけがをするのと同じです。

こころの基本は、いつも同じです。
◎自分の中の投影を知る
◎自分と相手との間の境界線を知る
◎気持ちの伝え方を実践する

これができなければ、変わりません。
逆に言えば、
これができれば必ず変わるんですが。

からだにも、こころにも
「基本」があるんです。

とってもシンプルだけど、
まあ、取り組むには腰が重たい、

「基本」をマスターすると
人生に
取り組むことそのものが楽しくなるんですが。

動機づけってむずかしいところですね 

  
   

【2016/01/21 10:00】 | こころのおはなし
【タグ】 下関  メンタルヘルス  カウンセリング  インナーチャイルド  
|
  
 
ただいま私が提供している
「生まれなおしセッション」について
お話しさせてください。

サロン開設当時は
単発の「個人セッション」として考えていました。

そして
私自身が学びを深め、
私らしさを問い、
やりたいことを探り、
提供できるものを追求していった結果

「生まれなおしセッション」として
形がととのいました。

そして、この数日で
それが、
もっとはっきりとしとした形で
私の中に構築されました。

4月から、正式に
人生再生プログラム『生まれなおしセッション』として
スタートさせます。

現在は、1回のセッションから承っていますが
4月以降は、3回1セット(標準コース)22,000円として
提供することにいたします。


これ以前にも、
受けることは可能です(3回20,000円)。
お問い合わせください。

たいていのセッションは、一回ごとです。
私もそういったセッションを多く受けてきました。

しかし、一回のセッションでは
ものごとの全体像をつかみにくく、
フォローもないため
こころの奥から解放されたモヤモヤだけが手元に残り、
で、これをどうしたらいいんだ・・・と。

そして、明確なゴールの見えないまま
単発のセッションを何度も受けたり
あちこちさまようセラピー難民になってしまったり。

また、
3回セットのカウンセリングも受けたことがあります。
けれども、それは
単純に1回か3回かというだけで、
そこに続けて受けるメリットのようなものを感じませんでした。

『こうなりたい未来の私の姿』もありませんでした。

ですから、
3回目のカウンセリングは
ただ、回数を消化するために行ったようなものでした。

時間を消費するようなセッションは提供したくない。

自分の経験を踏まえて、
ひとつ、ゴールを決めました。

このサロンに来ていただく方すべてに
「自分に生まれてよかった」と
思っていただくことです。


そのための第一歩として
抑圧してきた感情を解放し、
偽りの自分の殻を脱ぐこと


このあたりは、
他の心理カウンセリング、ヒーリング、
スピリチュアル・セッションなどでも
提供可能でしょう。

私は、
これに加えて
お一人お一人に即した
アドバイスをしていきます。

クライアント様は、
堂々巡りの感情、出口いの見えない悩み、
代わり映えのしない現実を
どうにかしたくて
相談にいらっしゃいます。

1回のセッションだけで
それが深く理解でき、
現実を変える行動に結びつけることは
難しいでしょう。

実際にどう行動すればいいのか、
どのように感情に向き合えばいいのか
クライアント様との対話をとおしてアドバイスします。

アドバイスに基づいて
セッションとセッションの間に
日常でのワークという形でも
実践していただきます。

そうすることで
じわじわと変容が進み、
次回のセッション自体もスムーズにいきます。


そして、
このプロセスの中で
必ず立ちはだかる問題があります。

それは、
こころの奥に座す「荒ぶる神」の存在

抑圧してきた感情を解放し、
本当の自分を取り戻していく中で
変容を阻み、最後まで抵抗するモンスターのような存在。

「デビル・エゴ」 
まさに自分の中のラスボスです。

私の中では、「もののけ姫」の冒頭に出てきた
「タタリ神」のイメージです。

aaa2.jpg
aaa1.png


森の主であったイノシシの神は
人間の打ちこんだ銃弾に
自分の神性を忘れ、
憎悪に心を乗っ取られてタタリ神と化し
その身を滅ぼしました。

私たちは
神の要素を備えていると同時に
この荒ぶる神の要素も
備えています。

そして、
時に 心をのっとられ、周りを傷つけ
みずから身を滅ぼします。

この荒ぶる神と対峙し、鎮め、
大いなる味方として使っていくスキルが
求められるんです。

それは、セッションで実現するものではなく
日々、自分の感情と向き合うことで
体得していくしかありません。

この点に関しては、
厳しいことをお伝えするようになるかもしれません。

セッション期間中は
メールや電話で、
そういったことをサポートさせていただきます。


長くなりましたが、

このセッションの柱は

●抑圧してきた感情を解放し、
 偽りの自分の殻を脱ぐこと

●同時に、心の奥に座す
 荒ぶる神と対峙し、鎮めること

●自分という存在を知り、
 受け入れ、いつくしむこと
 
3回(標準コース)の段階的セッションと
家庭でのホームワークを通して
みっちりと
人生を再生していきます。


「私の人生、悪くないな」
ふとした瞬間、そう思えたら
素敵ですね。



時間をかけて、
向き合ったもの
乗り越えたもの

あなたがそれを笑って話せるようになった頃、
それがあなたの強みに変わります。

そして、

あなたのその強みが
いつか、未来の誰かを救います。


私がそうであったように。


期間にして3カ月程度でしょうか?

あなたは
どんなふうにその時間を過ごしますか?



くわしいことは
こちらをご覧ください。

お問い合わせはお気軽に。

080-5209-2240

life.team307@gmail.com






【2016/01/16 10:00】 | セッションメニュー
【タグ】 下関  人間関係  メンタルヘルス  セラピー  インナーチャイルド  カウンセリング  
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。